迎春 2021年1月

コロナで明けてコロナで暮れた2020年、新しい年2021年にはコロナが少しでも終息に向かい、いつもの日常が戻って来ることを期待したいですね。そして今年も岡ちゃんの駄作(写真)・駄文にお付き合いのほど、よろしくお願いします。
当地方の年末・年始、雪の量は決して多くはなかったのですが、気温の低い日が続き、雪模様のはっきりしないお天気続きでした。年末29日から年始3日まで最高気温が0℃未満のオール真冬日(3日の最低気温は何とー18.4℃、まるで冷凍庫状態)、今朝(4日)9時の函館(美原の気象台)の積雪は26センチ、七飯(自宅玄関前)の新積雪は5センチでした。新年恒例の初詣も今年は自粛、巣ごもり状態では身体にも良くないし・・、そこで意を決してウォーキング、カメラを携えて七飯の雪景色巡りのウォークとなりました(距離は5.6キロ、所要時間は1.5時間)。以下、ウォークの順に七飯の今日の雪景色をお楽しみください。

☆☆雪の赤松並木:七飯町の中心市街地を南北に貫く国道5号線は「日本の道100選」、「歴史国道」等に指定されている両脇に樹齢100年を超える赤松が連なる赤松街道です。写真には、虫害を予防するため冬前に樹幹にこもが巻かれた、冬期限定の赤松並木の景観が写っています。

☆国道5号線下:「西洋りんご発祥の地」を謳う七飯町、国道を少し外れればリンゴ園も珍しくありません(写真右)。そして今でも市街地の真ん中あたりに、原生の雑木林が残存しています(写真左)。

☆JR七飯駅:ちょうどウォークで通りかかった折しも、函館行の各駅停車の普通列車が出発したところでした。北海道新幹線開業を機に七飯の隣り駅、新函館北斗まで電化されましたが非電化区間も走る普通列車はディーゼル車です。薄いグレーの斜体に緑のラインの2両編成(1両編成の列車も有りです)の車両、鉄道ファンに人気の高いキハ40形(多分この系統)気動車です。そして七飯駅から徒歩15分ほどで自宅に帰着、ウォーキングはザ・エンドです。


Want to Leave a Reply?

««   ∞   »»