大沼の春、これしか ないっしょ!

先月末から大沼へは春を探しに3月29日、30日、4月3日、8日、13日、14日と足しげく通いました。目的はバードウォッチング(クマゲラ等)と早春の野草(花)です。この季節、大沼は北へ帰るハクチョウ、カモなどで賑い、ハクチョウでみてみると最盛期には4~5つ以上の群れが集い、合せて数百羽のハクチョウを見ることが出来たのが、4月13日には僅か一つの群れ、数十羽まで減ってしまっていて、昨日(14日)はとうとう湖面には1羽も確認できませんでした。渡り鳥に変って大沼に彩りを添えるのが春の花、今年もミズバショウが見頃を迎えました。写真は東大沼のキャンプ場からほど近い湿地、前にもこのブログで「ハイヒール履きでミズバショウが楽しめる」と紹介したポイントです。大沼の春はミズバショウが最高しょ(そだねー!)。まだ芽吹き前、冬枯れの木立を透かして残雪の駒ケ岳が見えたはずなのですが・・(写真では無理でした)。


Want to Leave a Reply?