凍み渡り

23日以来、4日ぶりの大沼、バードウォッチング行です。23日から連日、最高気温はプラス、特に24、25日は6℃を超える暖かさでした。この暖かさで大沼の積雪は31センチから26センチまで減少、全面、雪氷に覆われていた大沼にも湖岸のあちらこちらに水面が出現していました。そして今朝(27日)の最低気温は氷点下5.9℃、この冷え込みで今シーズン初めての堅雪(かたゆき)の現象が見られました。放射冷却により雪の表面が凍みる現象で、雪上をどこでも自由に歩き回ることが出来ます。岡ちゃんの故郷(新潟県魚沼地方)では「凍み渡り」と言って春先の風物詩、その昔、小学生のころ道なき道、友達と連れ立って雪の上を歩いて登校したこと等が思い起こされました。バードウォッチングの成績は、ヤマゲラ等、いっぱい見ることができました。


Want to Leave a Reply?