梅雨(?)明け!

西日本の豪雨による甚大な被害が連日報道されていますが、道内でも各地に警報や避難情報が発表されています。ここ道南では昨日(7月11日)、先月の25日以来、16日ぶりに北海道らしいスッキリ・クッキリの日射し・青空が戻ってきました。梅雨がないと言われている北海道ですが6月末から停滞している前線の影響で、道南でも6月26日~7月10日、北斗(アメダス)の降水量219.6ミリ(平年比400%)、日照時間9.1時間(平年比14%、半月間でわずか1日分程の日照しか無かった)からも分かるように長雨・日照不足状態が続いています。
写真1:11日、久しぶりの青空をバックに快走するキハ40 1809 型、1両編成の気動車(各駅停車)、道内各線で運行されているラッピング車両シリーズの道南版で、名付けて「道南 海の恵み」号、道南の海や港に生息する生き物が描かれているのですが、このサイズの写真では無理かな・・・。
写真2:ツタンカーメンのお豆さん、この長雨・日照不足の影響で家庭菜園のタマネギ、トマト、スイカ、メロン等々、軒並み生育不良状態、このお豆さんも同じくで、花は既に終って濃い紫の鞘を付けてはいるのですが、中のお豆さん、薄っぺらなままでなかなか丸みを帯びてきません・・・、日射しが欲しい!
写真3:自作のてるてる坊主、そんな不順な天気に業を煮やし、天気回復の願いを込めて、物干し竿に吊るしたのが10日の夕方、そしたら何と翌11日は快晴の天気! 願いが通じたみたいです。

でも今朝(12日)はまたどんよりとした曇り空で夜には雨の予報、週間天気予報を見ると雨傘、雲マークのオンパレード、昨日の晴天はどうやら「梅雨の中休み」だったみたいです。


Want to Leave a Reply?