道南四都・春ものがたり(2)函 館

「今年見に行きたい! 桜の名所・お花見スポットランキング2018」(楽天トラベル)で北海道で唯一、トップ20位にランクされた函館・五稜郭公園、その五稜郭公園のサクラの開花は4月25日(昨年差―2日、平年差―5日)そして満開は4月28日でした。
車の混雑を避けて、愛用のサイクリング自転車で花見に出かけたのが4月30日、この日の函館の最高気温は日影が恋しくなる暑さで22.7度、サクラも人出も “超満開” でした。予想通りどこの駐車場でも入る車は数珠つなぎ(やはり自転車利用が正解だったと一人で合点)、車は函館以外の道内ナンバーや本州ナンバーの車が目立ったようでした。
復元された箱館奉行所、兵糧庫、函館博物館分館等がある星形堡塁内、満開の桜を目線の高さで眺められる土塁上の小径など、郭内はもとよりお濠の外周道路も人、人、人・・・、耳に入って来る言葉は???・・外国人観光客の姿が多いように感じました。
そして人混みを逃れて五稜郭に隣接、公園の一角にある道立函館美術館に一時的に緊急避難、ここでは特別展として「北海道150年事業  アートギャラリー北海道  北のさきがけ  道南四都物語  港町江差・城下町松前・開港地函館・開拓地伊達」が開催中でした。私のブログのタイトル、実はこの特別展名から一部を借用させてもらったものでした。この日は満開のサクラと美術展が楽しめた往復約30キロのサイクリングツアーでした。
春ものがたり(3)七飯、春ものがたり(4)北斗へ続く。

 

 

 

 

 

 


Want to Leave a Reply?