ウォーキング日和

冬場の運動不足解消と来季のサイクリングの準備運動を兼ねて、昨年末から町のスポーツセンターに通い、フィットネスバイク(自転車型のフィットネス器具)のトレーニングを始めました。ペダルを必死に漕いでも変わらない景色・前に進まない自転車に少し退屈し始めた昨日、好天に誘われて屋外のウォーキングと相成りました。先ずは役場駐車場で行われていた消防出初式で道草、その足で城岱スカイラインの登り口まで、そこは函館平野、津軽海峡が一望できるスカイライン最初のポイント、自宅からの距離はおよそ2.8㌔、標高差は“坂の町”七飯を反映して130㍍程です。復路は函館新道の側道、林道、農道等を迂回するコースを辿りました。積雪は数㌢程でまだら模様、足元の路面は乾燥、新雪、圧雪アイスバーン状態と様々、滑って転ばないよう視線は足元に釘付け状態です。所々で足を止めて視線を上げればリンゴ園、ビニールハウス群等々、農業の町・七飯の風景が目に映ります。この日の最高気温は+5.6℃まで上昇、気温が0℃を少しでも超えれば暖かいと感じるようになった自称・北海道人、うっすらと滲む汗にエリマキ、手袋を脱ぎました。
今年も駄作(写真)・拙文にお付き合いの程、よろしくお願いいたします。
町の消防出初式陽光煌めく

 

 

 

 

 

 

冬のリンゴ園


Want to Leave a Reply?