雪の朝

朝6時20分、何時ものように目覚し時計で起床、そっとカーテンを開けて外を見ると「やはり・・」雪景色でした。初雪は5日前(24日)に降りましたが、本格的な積雪は今季、初めてです。早速、着替えて外に出て私設アメダスの積雪観測(“物差し定規”による)が始動、3センチの積雪でした。昨年と比べ初雪は10日遅く、積雪は15日も遅い初日となりました。今週明けから道央や道東・道北の雪がテレビニュース等で放送されていましたが、道南からみると同じ北海道でもまるで  “他所の世界” のニュース。北海道は本州で言えば14県分(14の総合振興局・振興局=かつての支庁)もの広さ、函館~根室の距離は、例えば東京~青森、東京~相生(兵庫)、博多~京都に匹敵する距離です。でも・・ようやく “他所の世界” のはなし等とノンビリ構えている場合ではなくなったみたいです(車の除雪など)。
雪の綿帽子


Want to Leave a Reply?