カントリーサイン

カントリーサインとは都道府県、市町村の境界を示す標識で、道路のランドマークの一つとして国道や主要道路に設置されているものです。全国共通のデザインで全国の全市町村のサインがあるかと思いきや・・・、北海道はとびっきりの例外で、全国的には行政地域名+県章や市章といったシンプルなカントリーサインが標準みたいです(しかも全市町村が網羅されているわけではない)。北海道はと言うと、絵柄は別にして共通のデザインでサイズは縦長、下端に市町村名、その市町村名の上に、それぞれ地域の名物、名所、特産品等がカラフルにシンボライズされています。
そして最大の特徴は北海道では全市町村(179)のカントリーサインがあり、「あっ」と驚くような楽しいカントリーサインのオンパレードという事です。これらカントリーサイン、北海道のドライブの楽しさを倍加させてくれること、間違いなし!です。 因みに我が七飯町は駒ケ岳を背景に大沼で羽を休める白鳥(↓)、札幌市は時計台、函館市はハリストス正教会。
七飯町のカントリーサイン

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナスの実が熟す頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください