アンコール・ワット-1

昼食後、車でアンコールワットへ。今日もガイドはメイサン。明るいお嬢さんです。

道は広いけど舗装はしていなく、土ぼこりが凄い。

所々、高床式住居の集落、御土産の露店がある。電気が来ていない所が多く、井戸水。

小学生とすれ違う。午前午後の2部制との事。女の子は白の半そでブラウスに

紺色の吊りスカート。ズック、草履の子が多いが、中には裸足の子もいた。

中央がメイサン
angkorwat_003  angkorwat_002 angkorwat_001

右手に堀が見えてきた。とにかく壮大、んーっ! 外側は東西1,500メートル、南北1,300メートル、幅190メートルの濠で囲まれている。

東西南北に門があり、正門の西門を石橋を渡って入る。

橋の両側には蛇神ナーガの欄干で縁取られていたけれど、今は堀に落ちたまま。石橋は日樽半分は未修復。

堀を石橋を渡って中へと。この橋の修復は世界各国の援助があったそうです。

コンクリート補修が多く、元の石と違い趣が???。「その中で日本だけは元々使われた石を

同じ産地から持ってきて補修。まだ新しいが日が経つにつれて周りと調和が取れてきている。

日本人は細やかで優しく素敵、大好き」との事。  とメイさん。こちらもうれしくなる。

angkorwat_00 angkorwat_01 angkorwat_05

つづく


Want to Leave a Reply?